新お茶の水薬局・アイ調剤薬局のブログ

お茶の水と西葛西にあるほぼ眼科専門の調剤薬局のブログです

眼瞼痙攣と薬

 

眼瞼痙攣という病気があります。これは、自分の意志とは関係なく筋肉に収縮が起こるため、瞬きの制御異常(自分でコントロール出来ない)が起こり、進行していくと眼を開けていられなくなるような病気です。

自覚症状としては               

1瞬目過多「眼瞼痙攣 イラ...」の画像検索結果

2開眼困難

羞明感(まぶしさ)

4目の乾燥感

5目の異物感・眼痛

などがあります。

 

原因のひとつに抗不安剤睡眠導入剤の中のベンゾジアゼピン(BZP)系薬剤による薬剤性眼瞼痙攣があります。

脳の中には興奮性の神経伝達系と抑制性の神経伝達系があります。その抑制性の最も代表的なものが中枢性ベンゾジアゼピン(BZP)系と呼ばれるシステムです。

眼瞼痙攣では、このBZPの受容体の密度低下(不足)が見られるので、BZP系薬剤を投与すると、症状を一時的に抑えることが出来ます。しかし、これを与え続けると、体がBZP系の受容体を減らすことで元のバランスに戻そうとするので、やがてBZP受容体は更に不足して、病気の症状が悪化することになります。

眼瞼痙攣でなくても、BZP系薬剤を長く使用することにより眼瞼痙攣を誘発する場合もあります。

BZP系薬剤を中止することによって症状の軽減が期待できます。

 

 

治療はボツリヌス毒素の局所注射が中心です。

補助治療として当薬局では下記の薬剤が処方されています。

ヒアルロン酸ナトリウム点眼液 : ドライアイの改善

ラメルテオン錠、スポレキサント錠 : BZP系睡眠剤を離脱する際の処方

抑肝散 : 心理的要因の強い場合 また、BZP系薬剤を離脱する際の補助療法として

抑肝散加陳皮半夏 : 疼痛、違和感が強い場合

 

正確に診断してもらうためには「神経眼科」を掲げている病医院を受診することが望ましいです。