新お茶の水薬局・アイ調剤薬局のブログ

お茶の水と西葛西にあるほぼ眼科専門の調剤薬局のブログです

血糖値スパイクとドクターズチョコ

「血糖値スパイク」は食後に血糖値が急に上昇し、1日の中で血糖値が乱高下することを指します。「グルコーススパイク」や「食後高血糖」とも言われます。

「糖尿病」は血液中の糖分が常に高い状態を指しますが、「血糖値スパイク」は食後に血糖値が高くなるだけなので、健康診断で検査しても気づきにくいといわれています。

「糖尿病」の合併症に「糖尿病性網膜症」がありますが、「血糖値スパイク」の方も放置しておくとこのような合併症を発症する危険性はあります。また、血糖値が急激に変動することは「糖尿病性網膜症」を悪化させることも知られています。

予防として、低GI値の食品を選ぶことをお勧めします。

GI値とは食後の血糖値の上昇度を示すものです。GI値が高いものを食べると急激に血糖値が上昇します。逆にGI値が低いと血糖値が上昇しにくいため糖がおだやかに取り入れられます。

私共の薬局で取り扱っている「ドクターズチョコレート」はダークがGI値26、ミルクがGI値36(一般的なチョコレートはGI値91)と低GI食品で、その値はキャベツなどの野菜類と同等です。

2月14日はバレンタインDAYですね。

普段チョコレートを我慢している方に

「ドクターズチョコレート」をプレゼントしてはいかがですか?

商品画像1

ドクターズチョコはベルギー産最高級チョコブランド「カレボー」を使用。
砂糖を使わず、スーパー甘味料マルチトールを使用。
マルチトールは体内でほとんど吸収されず、
安全性の高い低カロリー甘味料として現在幅広く使用されています。