新お茶の水薬局・アイ調剤薬局のブログ

お茶の水と西葛西にあるほぼ眼科専門の調剤薬局のブログです

薬局通信を始めました

今月から薬局内通信の発行&配布を始めました。

当薬局の登録販売師のM.Nさんの手作りです!

眼に関する情報を初め、お得なキャンペーンなどを発信しています。

ご自由にお持ちいただける小型の印刷物として、OTCドリンク棚横の目の健康コーナーお店の前にいるサトちゃんが持っています。
そうぞお薬をお待ちの間に読んでいただいたり、ご自由にお持ちください。

f:id:shinocha:20161124092429j:plain

↑今回の薬局通信で紹介した商品をまとめて紹介しているコーナーです。

f:id:shinocha:20161124135858j:plain

↑季節に合わせてコスプレするサトちゃんが、薬局内通信を配布中です。

今後定期的に発行予定です。また、内容はこのブログにも掲載してゆきますのでよろしくお願いいたします。 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

薬局通信・第1回目のテーマは「ドライアイ」です。 


 まぶたの縁にはマイボーム腺という油を分泌する穴が並んでいて、涙の蒸発や安定に影響を与えています。        

マイボーム腺から油が出ないと涙が蒸発しやすくなり、目の充血感や、乾燥感、ゴロゴロとする異物感を感じることがあります。いわゆるドライアイと呼ばれる状態です。

また、眼が冷えてしまうとマイボーム腺の油は固まってしまい涙が目の表面にとどまりにくくなってしまいます。

f:id:shinocha:20161116155511j:plain

そこで、眼を温め、固まった油を溶かす事で、ドライアイを改善する効果が期待されます。まぶたを40℃程度で10分以上持続して温めると効果が高いと云われています。使い捨て蒸気アイマスや繰り返し使える温感ピローなどの便利な市販品もございますので、ご自身に合った方法を探してみるのは如何でしょうか?

 また、マイボーム腺は年齢が増すと働きが悪くなったりする他、アイシャドーの粉などのアイメイクの残りや、皮脂フケ、ホコリなど不衛生な状態から正常に機能しなくなることもあります。

f:id:shinocha:20161116155357j:plain

そこで瞼の淵、まつ毛の生え際を洗浄する事で目元を清潔に保ち、マイボーム腺のつまりを防ぐ目的として目元クレンジング料「アイシャンプー」が注目されています。髪を毎日シャンプーするように、まつげも毎日洗う習慣をつけてドライアイ対策をしてみませんか?

f:id:shinocha:20161116155459j:plain

 

 今回ご紹介した商品は全て当薬局で取り扱っておりますので、ご来局の際にはお気軽にお手に取ってご覧になってください!

f:id:shinocha:20161116155630j:plain

目元用クレンジング 「アイシャンプー」 「アイシャンプーロング」

マイボーム腺の汚れや詰まり、まつげのふけやダニ、こびりついたアイメイクをきれいに落とし、眼を清潔、健康に。

f:id:shinocha:20161116155814j:plain

目元用 「あずきのチカラ」

働いた目に、心じわっとほぐす、100%あずきの天然蒸気
あずきの天然蒸気の温熱で1日働いた目の奥まで温め心までほぐす、目もと用蒸気温熱ピロー。レンジでチンして繰り返し使えます。

目の周りを温めることで固まった油が解けて、ドライアイを改善!

 

f:id:shinocha:20161116160618j:plain

めぐりズム 蒸気でホットアイマス

約40℃の心地よい蒸気が10分程度続き、大切な目と目元をやさしく包み込みます。それはまるで、目の“蒸気浴”。一日の緊張感から解き放たれて、気分まで奥からじんわりほぐれていきます。

 

 

★当薬局へのアクセスはこちら★

shinocha.hatenablog.com