読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新お茶の水薬局・アイ調剤薬局のブログ

お茶の水と西葛西にあるほぼ眼科専門の調剤薬局のブログです

目薬の保存方法(常温・冷蔵庫・溶解後冷蔵庫保存など)

f:id:shinocha:20160722092829j:plainf:id:shinocha:20160722150917j:plain

当薬局は眼科の患者さんが多いので、点眼薬に関する質問もよく受けます。
その中でもよく聞かれる内容をまとめました。
↓当薬局の患者さんから質問でもっともよく受ける内容です。

Q:目薬は必ず冷蔵庫で保存しないといけないの?

A:点眼薬によって保存方法が違います

これは点眼薬の種類によって、1.冷蔵庫保存必須 2.冷蔵庫に入れてはいけない(常温保存必須) 3.冷蔵庫に入れても入れなくてもどちらでもいい(常温保存) といろいろあります。

ややこしいのですが、当薬局で患者さんに指導している保存方法を以下に紹介します。

 *カッコ内はジェネリック

1.冷蔵庫保存の点眼液

○冷所保存の点眼液

  • (未開封)キサラタン点眼液0.005%(4週間以上常温で結晶析出例あり)(開封後は室温で4週間まで保存可)
  • (未開封)ザラカム配合点眼液(4週間以上常温で結晶析出例あり(開封後は室温で4週間まで保存可)
  • リズモンTG点眼液(常温でゲル化)
  • タプロスミニ点眼液0.0015%
  • オフロキサシンゲル化点眼液(常温でゲル化)

○使用しない場合は冷所保存

  • 点眼・点鼻用リンデロンA点眼液(ベルベゾロンF点眼・点鼻液)(6か月以上室温で色調変化←フラジオマイシン由来だが含有量は変化なし)
  • ジクロード点眼液0.1%(ジクロスター点眼液0.1%)(6か月以上室温保存でPH低下し含有量も継時的に低下)
  • 生理食塩水など防腐剤の入っていない薬局内製剤(衛生的な観点から冷所保存)

○溶解後、冷所保存

  • カタリンK点眼用0.005%(溶解後できるだけ冷所保存で1か月以内に使用)(溶解後常温保存では10日目前後から残存率低下)
  • タチオン点眼用2%(溶解後できるだけ冷所保存で1か月以内に使用)
  • ベストロン点眼用0.5%(溶解後7日以内に使用)(溶解後室温保存3日目から残存率低下)

2.冷蔵庫に入れてはいけない(常温保存必須)

  • リザベン点眼液0.5% (トラニラスト点眼液0.5%)(冷所保存で結晶析出例あり)(安定性の試験で夏場40度でも3か月は安定とのこと)

3.冷蔵庫に入れても入れなくてもいい(常温保存)

  • それ以外の大体の目薬は常温保存でOKです。直射日光や極端に暑くなるような場所(夏場の車の中やこたつの中など)に放置しなければ特に問題ありません。
  • さすのが下手で目に入ったかどうかよくわからない、という方は冷蔵庫で冷やしてからさすと冷たいのでわかりやすいです。
  • また、冷蔵庫に入れたからといって開封後期限が伸びるわけではなく、開封後は1か月を目安に使い切ってください。
  • トラバタンズ点眼液0.004%は1~25℃保存なので、夏場暑くなるようであれば冷蔵庫保存が間違いないでしょう。