新お茶の水薬局・アイ調剤薬局のブログ

お茶の水と西葛西にあるほぼ眼科専門の調剤薬局のブログです

目薬の正しい使い方:基本編1

当薬局は眼科の患者さんが多いので、点眼薬に関する質問もよく受けます。
その中でもよく聞かれる内容をまとめました。

Q:点眼は一回1滴でいいの? 何滴もさしたほうが効き目がいいの?

 

A:1回1滴で十分です。

容器を押すと2、3滴ほどポタポタとでてくることもあるし、目から目薬が溢れるから十分に入っていない気がして点眼しなおしたくなることもありますよね?

でも、点眼液1滴は30~50μLに対し、目の中には20μLぐらいしか入らないため、1滴入れば十分なのです。

たくさんさしても眼液の一部は目から溢れてしまうだけですし、点眼液は目のまわりの皮膚につくとかぶれることもあります。

1回1滴点眼し、目から溢れた点眼液はしっかりティッシュなどで拭くのがベストです。

「うまく点眼できない」、「目に入ったかどうかわからない」ために何滴も使ってしまう場合は、点眼液をあらかじめ冷蔵庫で冷やしておき、冷たさを感じることで入ったかどうかを確かめる方法があります。

 

f:id:shinocha:20160706150632j:plain